白井海岸駅 ◀ 普代駅 ▶ 田野畑駅

普代駅(ふだい) 【北リアス線】

●愛称:はまゆり咲く
*普代村の村の花が「はまゆり」であることから

三陸鉄道開業前は国鉄久慈線の終点の駅でした。駅舎は国鉄時代からのもので観光センターがあり乗車券の販売を行っていて、売店があります。駅内にある深渡商店のおでんは雑誌等で紹介されるなど定評があります。
また、素朴な素顔が残る普代村は、北京・マドリード・フィラディルフィアなどの世界の文化の中心都市と同じ北緯40度に位置する小さな村です。周辺には北部陸中海岸有数の景勝地ともいえる”黒崎”をはじめ、北緯40度のシンボル塔などがあります。

1975年7月20日 国鉄久慈線の駅として開設
1984年4月1日 三陸鉄道に移管される
2011年3月11日 東日本大震災により営業休止
2012年4月1日 田野畑~陸中野田運転再開により復活


◎駅情報:窓口営業時間 平日 6:30~17:30・土休日 8:00~17:00 TEL:0194-35-2411
売店:ふだいのアンテナショップ・ベーカリー&カフェ/トイレ:駅舎隣接/駐車場:有(無料)/乗車券委託販売駅

■おすすめポイント
黒崎灯台 黒崎園地からさらに奥に進むと「日本の灯台50選」に選ばれた黒埼灯台が、青い海を背景に白い美しい姿を現します。灯台は観光用ではなく、今も夜ともなれば海の道標として活躍しています。
カリヨンの鐘 黒崎園地にあるカリヨンの鐘は「幸せを呼ぶ鐘」。恋人同士が並んで鳴らせるように、地面に足形のプレートがはめ込んであります。
黒崎展望台 真下の磯釣り公園から太平洋が広がる眺望は、開放感あふれる巨大な景色。初夏は「ヤマセ(北東風)」が、幻想的な風景を生み出します。訪れるたびに、北緯40度の「青」はさまざまな美しさを見せてくれます。
北緯40度のシンボル塔 北緯40度東端にそびえ立つシンボル塔は、地球全体の繁栄と平和への願いが込められた高さ4mの地球儀型。この塔に近づくとセンサーが人の気配をキャッチし太陽の光エネルギーが動力となり、ゆっくりと回転しながら歓迎してくれる
アンモ浦展望台からの景観 周りに木々もない展望台は海に浮かんだような錯覚さえあります。左手に断崖にそびえる黒崎灯台、右手奥に海に注ぐ一筋の滝、落差150mと岩手最長のアンモ浦の滝が見えます。
*ご紹介のポイントは、ご利用になれない場合もありますので、事前にご確認下さい。
■周辺情報
緑の村・緑の村キャンプ場 スポーツとレジャーエリアが一体! 山に広がるグリーンゾーン。
黒崎オートキャンプ場&黒崎キャンプ場 国立公園の見所の一つ黒崎にある、人気のキャンプ場。
■関連リンク