一の渡駅 ◀ 山口団地駅 ▶ 宮古駅

山口団地駅(やまぐちだんち) 【北リアス線】

●愛称:黒森の鼓動
*悲惨の名将源義経が三年三ヶ月滞在したと伝えられる黒森神社の名前から

文治4年(1188)4月、平泉高館自害の1年前、義経は影武者を残してひそかに平泉を脱出し、3年余り「大般若経」を書写し祈願したとの伝説が残っている。「黒森」は「九郎森」から転じた名である。

2010年10月16日 三陸鉄道の駅として開業(25年ぶりの新駅)

*1面1線の無人駅
■おすすめポイント
黒森神社 この黒森山は古くから閉伊地方全域で信仰の対象とされてきた霊山で、平安から鎌倉期には神仏混仰の影響を受けて、人の世の菩薩救済の本願所として栄えていた山。標高311mの山腹は松・杉・モミの茂る昼なお暗い森でおおわれている。
*ご紹介のポイントは、ご利用になれない場合もありますので、事前にご確認下さい。
■関連リンク