釜石駅 ▶ 平田駅

釜石駅(かまいし) 【南リアス線】

●愛称:鉄と魚の町
*近代製鉄発祥の地、港には三陸の海の幸が水揚げされることから

釜石市は、日本で初めて洋式高炉が稼動したまち。釜石の桜の名所として知られる薬師公園は、4月中旬から約180本の桜がいっせいに見ごろを迎える。

1984年4月1日 三陸鉄道開業にともない開設
2017年4月1日 駅窓口業務直営化


◎シープラザ釜石は、釜石の観光情報発信基地。観光情報・文化交流など様々な情報が網羅されている。
◎駅前の橋上市場サンフィッシュ釜石は、四季折々の新鮮な海の幸、山の幸が豊富。食事処もある。
◎駅情報:窓口営業時間 8:45~18:10 TEL:0193-22-1616
売店:無、駅窓口で三鉄グッズを販売/トイレ:有/駐車場:有(無料、短時間利用のみ)、または釡石シープラザ地下駐車場(有料、9:00~19:00)



向谷実氏作曲 釜石駅発車メロディーとその原曲♪
■おすすめポイント
桜の名所 薬師公園 高台にあり、市街地と釜石湾を一望できます。園内には戦災者の霊を慰め、平和を祈って建てた平和女神像や、製鉄の発展に尽くした高橋亦助翁の頌徳碑があります。4月中旬〜下旬に桜まつり開催。
釜石大観音 釜石港を見下ろす鎌崎半島に、施主明峰山石応禅寺(曹洞宗)により建立された高さ48.5mの白亜の観音像。胎内には聖観音や七福神等が安置されている。胸元は展望台になっており、釜石港を一望できます。
橋野鉄鉱山・高炉跡 鉄の街釡石の原点となる遺構が「橋野高炉跡」。2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。日本の製鉄業における近代化を象徴する史跡です。釡石市街からは車で約1時間ほど、近代日本を象徴する世界遺産を体験してください。
釜石鉱山跡 山肌にしがみつくような選鉱所跡。鉄鉱石と銅鉱石を産出し、釜石市と遠野市の山中に10km四方にわたる広大なもの。大規模な採掘は20年ほど前に終え、現在も研究用途などの少量採掘、坑道内の湧水を活用したミネラルウオーターや地下空洞の利用など新たな用途を生み出しています。
滝観洞 自然が何億年もの時間をかけて造らた鍾乳洞の滝観洞はこれまでの調査で全長3,000m以上であることが確認されています。入口から880mのところに高さ60m、周囲50mもの“ドーム”が形づくられていて、天井の大理石の裂け目から洞内日本一の落差29mの滝が流れ落ちています。
仙人峠 標高887メートルの、遠野と釜石の市境にある緑深き峠で、新緑や紅葉の季節は特に美しい場所。銘水「仙人秘水」もここで生産されています。仙人峠の名前の由来は、この峠には仙人が住んでいたなど諸説あります。
千年の森 森は遊歩道や公園が整備され、沢沿いには幹周が4mを超えるトチやカツラなどの巨木が点在。頂上付近からは洋上の三貫島、和山高原に連なる風力発電の風車群、早池峰山を樹間に覗けます。森林浴や散策会・自然観察会など、健康づくり・交流・子供たちの学習の場として利用できます。
五葉山 釜石市、大船渡市、住田町の2市1町にまたがる準平原地形の山です。貴重なヒノキアスナロの原生林やシャクナゲの群落があり、ホンシュウジカやニホンザルなどの住む岩手県立自然公園です。
*ご紹介のポイントは、ご利用になれない場合もありますので、事前にご確認下さい。
■周辺情報
シープラザ釜石 人と物の交流・交歓による情報の拠点。
駅前橋上市場 サン・フィッシュ釜石 四季折々の新鮮な海の幸、山の幸が豊富。
呑ん兵衛横丁(釜石はまゆり飲食店会) 大津波にも流されなかった味と勇気がココにある。
三陸釜石 元気市場 三陸釜石の海・山・川の味の宝庫。
鉄の歴史館 鉄の総合的な資料館。
郷土資料館 釜石市について包括的に学び、知ることができます。
浜千鳥 全国新酒鑑評会金賞など多くの受賞歴を持つ、自然とひとつになった酒。
*三鉄とのコラボ商品「三陸鉄道沿線カップ 酒の旅」を三鉄オンラインショップ さんてつ屋で販売しています。
赤武酒造 (大槌町) ワイングラスで美味しい日本酒アワード2014 で金賞受賞。
*三鉄とのコラボ商品「三陸鉄道沿線カップ 酒の旅」を三鉄オンラインショップ さんてつ屋で販売しています。
■関連リンク