さんてつ社長だより ~笑顔と希望を乗せて~

 6月26日(日)、プレミアムランチ列車に「JALふるさと応援隊」が参加。

 春のプレミアムランチ列車の運行最終日のこの日、岩手ゆかりのJAL客室乗務員の方が添乗し、停車駅や観光スポットの紹介やお客様との対話を行っていただきました。

 日本航空様とのコラボは今回で4回目。途中、列車が鹿にぶつかってしまうというアクシデントもありましたが、宮古・久慈間のひと時を和やかなものにしていただきました。

 三陸鉄道は「笑顔をつなぐ、ずっと…。」をテーマにしていますが、客室乗務員さんの笑顔を絶やさず、お客さまに応対する様子に見習うべきことが多いと思いました。

前の記事 >