さんてつ社長だより ~笑顔と希望を乗せて~

syacyoblog

新入社員を迎えて

2017.04.04

4月3日、三陸鉄道でも女性1名を含む6名の新入社員を迎えました。

平成31年3月に山田線(宮古・釜石間)の経営移管を受けることから、社員の増員を図る必要があり、28年度から計画的に採用を行っています。

三陸鉄道は、今年度で開業から34年目を迎えます。

昨年度は台風10号で沿岸地域が再び大きな被害を受けるなど、三陸鉄道にとっても厳しい1年でしたが、3月には龍泉洞が再開し、また野田村に十府ケ浦海岸駅が開業しました。これらも生かしながら今年度は、地元の皆さんと全国の観光客の皆さんに、昨年度以上に利用いただけるよう取り組んでいきたいと考えています。

また、2年後には山田線(宮古・釜石間)が三陸鉄道に経営移管され、三陸鉄道とつながり、第3セクターとしては日本一長い路線となります。

このようなことを話しながら、新入社員の皆さんには、次の3つのことをお願いしました。

一つめは、「挨拶、笑顔をいつも忘れずに」ということです。

二つめは、「分からないことは積極的に聞くなど、前向きの姿勢で」仕事に当たってほしいということです。

三つめは、「最後の確認をしっかり」行うことです。間違いはないか、忘れている点はないかなどの確認を行うことにより、ミスの防止、ひいては安全の確保にもつながっていきます。

三陸鉄道は小さな会社ではありますが、地域の皆さんの期待はとても大きな会社です。この期待にしっかり応えられるよう、社員全体で頑張っていきたいと思います。


< 次の記事  前の記事 >