旅先でも便利! モバイルサイトもご利用いただけます
三陸鉄道 北リアス線(第10号 2016年 冬号)
台風10号被害応援特集
久慈駅
コスパを超えた格安、しかもしっかり地物新鮮ホタテ。
北三陸の荒海で育ったホタテは、冬になるとますます甘味が増し、噛み心地もしっかりと残るまさに三陸の自慢の逸品。そのホタテをシンプルに刺身にして味わえる定食が驚きの低価格。更科の店名通り、蕎麦も大人気。

 寿司・生そば 更科
岩手県久慈市川崎町6-15
0194-53-3388
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:30
休日:不定休 🅿︎︎ 3台
ホタテ刺し定食 650円(税込)

★調査員の一言
昼は久慈市民でいっぱいの繁盛店。格安で美味しい料理が人々を笑顔にします。台風10号被害の方々やボランティアの方々も助かりました。観光客も一人でも十分満足する一押しのお店です。
久慈駅
最北端の海女はいまや全国区、海女丼もその名に恥じぬ豪華版。
人気スポットの「道の駅くじ やませ土風館」。その中の大人気レストラン。観光客が必ずと言っていいほど訪れる名店。冬はアワビの口開け(解禁)が始まり、海女丼の主役もアワビ。と言ってもそれだけでは済まない豪華海鮮のてんこ盛り。

 地場食材レストラン 山海里
岩手県久慈市中町2-5-1 道の駅くじ やませ土風館
0194-52-2289
営業時間:11月〜3月11:00〜18:00(L.O.17:30)、4月〜10月11:00〜19:00(L.O.18:30) 休日:無 🅿︎︎ 有
スタッフ:前川恵美子/添田靖子/三上牧子
海女丼 2,980円(税込)

★調査員の一言
北三陸の冬の代表選手をてんこ盛りにした豪華版。どこから食べていいか、運ばれてきた瞬間にめまいがします(笑)。オススメの食べ方パンフまである凝りよう。目でも楽しみ、お腹も大満足。拍手喝采です。
野田玉川駅
味、ボリュームで駅‐1登録の人気店、「のんのり」で頑張っているえぼし荘。
「のんのり」とは地元の言葉で「盛りだくさん」の意味。地元の食材を腹いっぱい食べてほしいとの願いを込めた自信作。野田村ブランドの荒海ホタテや旬の魚のお刺身盛り合わせと、野田村特産福来豚に野田村山ぶどうソースをかけたステーキ。全部野田村で大満足間違いなし。

 国民宿舎 えぼし荘レストラン
岩手県九戸郡野田村玉川2-62-28
0194-78-2225
営業時間:11:30〜14:00(L.O. 13:45) 18:00~20:00(L.O. 19:45) 休日:無 🅿︎︎ 有
南川洋子/料理長:戸辺善治郎/米田睦月
のんのりなのだ定食 1,500円(税込)

★調査員の一言
地元産に徹底して取り組んだ郷土愛溢れるえぼし荘スタッフの心意気。お見事!と拍手をしてしまいました。ボリュームばかりではなく当然美味しさもたっぷり。ここまで来てくれた観光客の皆さんに喜んでいただきたいと料理長の言葉。感激でした。
堀内駅
三鉄の絶景スポット名所に建つとんがり帽子のレストラン。
北リアス線の名所「大沢橋梁」。その上にそびえたつような三角の赤い屋根が目印。眼下の海は、あの「あまちゃん」のシーンで、夏ばっぱが旗を振っていた場所。この海で獲れるアワビをご飯の上に敷き詰めたなんとも贅沢な丼。まさにここだけの味。

 レストハウス うしお
岩手県下閉伊郡普代村19-104-13
090-2023-6947
営業時間:11:00〜15:00
休日:不定休 🅿︎︎ 有
若女将:熊谷雪恵
北三陸のあわび丼 2,900円(税込)
*「駅-1を見た」でコーヒーサービス

★調査員の一言
北三陸の海は、目の前が外洋。そのため荒れた海で育ったアワビは、身が厚く、味も濃く、まさに北三陸の一級品。それを豪快にご飯に載せたどんぶりは、一度味わってほしい三陸の高級丼です。冬はこのアワビが一番おいしい季節。ぜひ立ち寄ってください。
普代駅
普代村太田名部漁港に「魚定」あり。漁師の店と言えば「魚定」。
地元漁師の冬は鍋。しかもその日獲れた魚介類はなんでも入れる。それぞれの出汁が重なりあい、汁だけでも幸せ気分。その日の食材だが、イカ、エビ、カニ、地魚など魚介類がぎっしり。目の前の漁港を眺めながら、ありがたくもほっとするひと時をどうぞ。温かなご夫婦と触れ合うのも「味」のうち。

 御食事処 魚定
岩手県下閉伊郡普代村6-29-2
0194-35-3011(予約受付時間15:00〜17:00)
営業時間:10:00〜19:00
休日:不定休 🅿︎︎ 有
店主:太田定治/芳子
太田名部の漁師鍋「おおた鍋定食」 1,080円(税込)

★調査員の一言
仲のいい夫婦として地元からこよなく愛されているアットホームなお店。漁港に隣接し、店の前には所狭しと漁船が並んでいます。漁師ならではの目利きは、「美味しいものを美味しく食べてほしい」との思い一筋から。夜も明るい声が響く憩いの場所です。
普代駅
普代村がいっぱい詰め込まれた地産、特産定食。
雄大な太平洋を眺める隆起地層の高台に建つくろさき荘。すぐ近くの太田名部漁港から毎日揚がる新鮮な魚介類を吟味して提供。内容は水揚げ次第。刺身のツマも当然普代特産の昆布。すき昆布も煮物に付く豪華さ。そのほか盛りだくさんの定食だ。

 国民宿舎 くろさき荘
岩手県下閉伊郡普代村2-84-4
0194-35-2611
営業時間:ランチは要予約。お問い合わせください。
休日:無 🅿︎︎ 有
料理長:羽場哲也
お刺身定食 1,500円(税込)
※前日までにご予約をお願いいたします。

★調査員の一言
くろさき荘から車で5分程度の至近距離に太田名部漁港があります。定置網に入る魚はその日によって異なりますが、どんな魚が出てくるか、楽しみはいっぱいです。このお刺身定食がセットになった「三鉄・くろさき荘湯ったり日帰り切符」は、送迎付きの格安プラン。
田野畑駅
漁師の家の普段着のご馳走・獲れたて旬の鮮魚・しかも美味。
漁村文化財として貴重だった机浜番屋群は大津波で消滅。その間近にあった浜茶や。店は完全に破壊された。まだ仮設のままだが、当時と同じく旬の美味しい食材をたくさん使い、漁師の家庭料理としてご提供。嬉しさがこみ上げてくるお店。

 磯モノ料理のお店 浜茶や食堂
岩手県下閉伊郡田野畑村菅窪205-4
0194-34-2295
営業時間:11:00〜21:00 休日:不定休 🅿︎︎ 有
店主:佐藤リヤ子
浜茶や定食 1,000円(税込)

★調査員の一言
一瞬にして無くなってしまった机浜。茫然自失の日々を過ごしてきましたが、いまは当時の店の看板メニューを復活し、元に戻った浜の新鮮な食材をたくさん使い漁師料理を提供し、復活の夢を見ています。応援しましょう。
田野畑駅
駅‐1常連、満足度100%、三鉄大ファン店主のユニーク丼。
魚介メニュー多数の北川食堂にあって、岩手県産牛にこだわったローストビーフは意外性抜群。しかもご飯は酢飯となっており、これがローストビーフとの相性が驚くほど。フライドオニオン、白髪ねぎとの組み合わせにも店長のユニークアイデアが光る。

 北川食堂
岩手県下閉伊郡田野畑村和野260-12
0194-34-2251
営業時間:11:00〜22:00(L.O.20:50)
休日:月曜日 🅿︎︎ 有
若旦那:北川和彦
ローストビーフ丼 1,290円(税込)

★調査員の一言
駅‐1グルメではすっかり常連。今までは前浜の魚介類たっぷりのメニューで楽しませてくれた田野畑村の名店。今回はまったく趣向を変えた岩手県産牛を使用した丼です。試食してみたら、やっぱり若旦那は裏切らないと納得。実に美味しい丼の完成です。
岩泉小本駅
岩泉小本駅のすぐとなり、父と子で守り続けた「とよし」の味。
台風10号は店の床下まで浸水したが、すぐに再開。多くの住民やボランティア、工事関係者の昼食と休憩場所になった。父は30年続けてきた店を引退し、今は裏方として餃子を作っている。ほっとする「とよし」の味は地元食材があってこそ。アツアツの餃子と絶妙なネギと味噌の懐かしいラーメンの味。冬はこれに限る。

 ラーメンショップとよし
岩手県下閉伊郡岩泉町小本南中野246-1 ☎ 0194-28-2533
営業時間:11:00〜15:30(L.O. 15:00)17:00〜19:00(L.O. 18:30)
休日:月曜日 🅿︎︎ 6台
店主:戸由隆博
ネギみそセット 950円(税込)
※単品:ネギみそラーメン 680円・手作りギョーザ(5個) 370円
※その他メニュー:みそラーメン 580円 ラーメン 520円


★調査員の一言
友人たちの多くの被害を見て、「うちの店は被害と言えない」と周囲を気遣う店主です。寡黙ながら、一生懸命店の味を守り、お客様の喜ぶ顔を励みに頑張っています。岩泉小本駅のすぐ横という立地、利便性抜群です。
岩泉小本駅
いわいずみ町民の自慢の場所は「カンティーナ」。
うれいら通り商店街の中心的存在として有名な場所。白壁の重厚な蔵を改装し、店内の品ある洋装、小物などハイセンスな雑貨は見ているだけでも楽しめる。お洒落な雑貨に囲まれたところにティールームがあり、落ち着いた雰囲気で時を過ごせる。お勧めは何と言っても地元産そば粉を使ったガレット。

 caffè CANTINA(カフェ カンティーナ)
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字下宿32 ☎ 0194-22-3243
営業時間:11:00〜17:00(お食事は15:30まで)
休日:月・火曜日(祝日の月曜日は営業) 🅿︎︎ 7台
スタッフ:千葉史子/三上由子
季節のサラダと3種のキノコ&パンチェッタ 750円(税込)

★調査員の一言
取材にお伺いをしてお店の中に入ったとたん、素敵な洋服、小物に目を奪われました。アクセサリーやバッグなどさりげない中にもセンスが光っています。地元産のそば粉で作るガレットとコーヒー。「くつろぐ」という意味がよくわかるお店です。
岩泉小本駅
一度食べると、どーしても、どーしても、また食べたくなる。
台風10号水害から9日目に復活。ボランティアや町民のお腹を満たしてきた広島屋。岩泉純木家具の職人だった広島出身の店主。広島の異文化は見事に地元で受け入れられ、今では町内でも人気スポットの一つとなっている。店内の駄菓子コーナーや絵手紙、広島の観光情報など、広島一色もまた楽しい空間。

 お好み焼 広島屋
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字村木54
0194-22-5680
営業時間:11:30〜13:30(L.O.)18:00〜22:00(L.O.) 休日:月曜日 🅿︎︎ 6台
筒井 陽子/店主:筒井 聖美
肉玉もちチーズ 800円(税込)

★調査員の一言
鉄板の上で手際よく焼かれるお好み焼き。焼きあがるまで待ちきれない。出来立てのアツアツを頬張る瞬間がとても幸せ。もうたまらない美味しさです。病み付きになる地元の人たちの気持ちが十分に理解できます。
岩泉小本駅
心が痛む台風10号被害、「待っていてくれたお客様」の声が支え。
痛ましい災害は、自宅や実家、友人たちの家を破壊し、当分立ち直れなかった。1ヶ月後、店の営業を再開したのは、待っていてくれたお客様の後押しだった。名店「カンティーナ」のシェフから独立。その味、腕は遠方からも人を呼ぶ。岩泉になくてはならないイタリアンの店復活。

 Trattoria ACQUA MONTE (トラットリア アックア モンテ)
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字三本松50-2 ☎ 0194-32-3733
営業時間:11:00〜14:00 17:30〜19:30(L.O.) 休日:月曜日 🅿︎︎ 8台
オーナーシェフ:應家信夫/エリ子
ムール貝とアサリのニンニクオイルパスタ 950円(税込)

★調査員の一言
店は無事だったとはいえ、自宅も自家農園も打撃を受け、店に残っていた食材は全滅。茫然自失の日々から復活まで長い時を経たようです。徹底した地元食材へのこだわりと優れた技術、復活に拍手です。
岩泉小本駅
昭和40年代から受け継がれてきた正統派ホルモン鍋。
台風10号災害で店は無事だったが、ライフラインが使えなかったため、店での提供は数日間できなかった。台風後多くの住民、ボランティアが集まり、ホルモン鍋を囲んで疲れをいやしてきた。地元が食を通じて少しでも元気になればと思い、県内外のイベントで岩泉のPR活動も行っている。

 1001ひろば (いちまるまるいち)
岩手県下閉伊郡岩泉町字門町向6-1
0194-39-1334
営業時間:8:30〜21:00 休日:不定休 🅿︎︎ 15台
及川るみ子/三好喜美子/竹花久子/店長:小川仁志
ホルモン鍋定食 750円(税込)

★調査員の一言
台風10号による被災から数日間、多くの人々がここに身を寄せて過ごしました。地元の人たちからこよなく愛されてきた歴史ある炭鉱ホルモンは、この味を守り続けてきた地元のお母さんたちの気持ちがたくさん込められています。
宮古駅
地元食材への探求心、美味しさを求め続ける宮古の名店。
ドイツ、イタリアで修業。盛岡で4年間営業し、大好きな郷里へ戻り開業。2010年12月にリストランテカツヤマと店名を変えてオープンしたが、4ヶ月後に東日本大震災。それでも強い思いで1ヶ月後に再開。その味は多くのファンを魅了する。郷里宮古の有り余る素晴らしい食材に驚嘆する日々。あくなき料理への探求心が多くのお客様を魅了する。

 Ristorante KATUYAMA(リストランテ カツヤマ)
岩手県宮古市黒田町6-29 ☎ 0193-62-0022
営業時間:11:30〜14:00(L.O.) 18:00〜21:00(L.O.) ※営業時間外も相談可
休日:水曜日 🅿︎︎ 2台
オーナーシェフ:勝山國信/古舘季子
本日のパスタランチ 1,200円(税込)

★調査員の一言
徹底して地元産の食材にこだわり、県産有機野菜の魅力を引き出すトップクラスのシェフ。4〜5種類のパスタからランチを選べ、デザートも自家製で数種類の中から選べます。ワインも豊富で夜も存分に楽しめます。
宮古駅
冬に抱卵、上品な脂いっぱいの最高級子持ちなめた。
「おかめ」と言えば、宮古市民に愛されてきた和食の名店。三陸沿岸の年越しには「なめた」は欠かせない郷土料理。特に子持ちなめたの煮つけは「これ以上ない贅沢」と言われるほど。徹底した和食の出汁にこだわった逸品だ。

 割烹 おかめ
岩手県宮古市末広町1-18
0193-62-2456
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜21:00
休日:月曜日(変更の場合あり) 🅿︎︎ 2台
若女将:宇都宮妙子
なめた煮魚定食 2,367円(税込)
※時期により変動します。

★調査員の一言
冬の三陸の代表選手は、アワビ、スルメイカ、ホタテに牡蠣と豊富ですが、なくてはならない冬のご馳走はなめたガレイと相場は決まっています。煮つけこそなめたの最高の料理法。各家庭で味付けは異なりますが、やはりプロ、「おかめ」の味付けは最高です。
宮古駅
度重なる震災にめげず、再起、再起の船出。駅‐1のためのランチ登場。
ど根性の起き上がりこぼしのように、火災、震災、台風と乗り越えてきた若女将。美味い料理と温かいおもてなしで、何よりも地域のため、宮古の元気のためと奮闘中。宿泊客に大人気だったホタテ焼き定食を、駅-1のために気軽に食べられるランチで提供。

 浄土ヶ浜旅館 味処 海舟
岩手県宮古市築地1-1-38 ☎ 0193-62-1319
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:00) 17:00〜22:00(L.O.20:15)
休日:月曜日 🅿︎︎ 20台
若女将:山根千春
ホタテ焼き定食 1,080円(税込)

★調査員の一言
地域おこしに熱心な活動を続ける若女将は、小さな体に大きな夢を抱いて頑張っています。台風10号でも床上75cmで大半の器具、機器が破壊。それでもいち早く再開に向けて始動。宮古の自慢の味とおもてなしを守り続けています。
宮古駅
さすが宮古の名店・誰もが笑顔で店を出る人気のランチメニュー。
昼時は必ず三鉄社員がいる宮古駅前の有名店。門構えは立派だが、実に気軽でアットホーム。宮古の美味しさを温かいまま食べてほしいと親方が腕を振るい、80歳になる名物女将がお膳を運ぶ。コストパフォーマンス抜群のランチは絶大な人気。

 魚元
岩手県宮古市大通3-6-43 ☎ 0193-63-1700
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:30
休日:不定休 🅿︎︎ 有料駐車場(2,000円以上のお食事で無料)
女将:張間重子
浜御膳 1,500円(税別)

★調査員の一言
通常のランチメニューでも十分大満足できます。今回は、冬こそ旨みが溢れる地元水揚げの鮮魚と牡蠣をメインに献立を考えました。アツアツのまま食べてほしいと親方が注文を受けてからフライを揚げます。宮古駅至近距離。ぜひどうぞ。
宮古駅
最高のロケーションに建つ、味で評判のレストラン。
三陸を代表する景勝地「浄土ヶ浜」。津波震災以前より味で評判を呼んできたレストラン。宮古を代表する鮭を手間暇かかる手法で仕上げ、田老名物の納豆昆布、当然イクラも添えて、そのまま丼とお茶漬け風も楽しめる。行くだけの価値あり。景色と味が同時に楽しめる。

 浄土ヶ浜レストハウス 浜処うみねこ亭
岩手県宮古市日立浜32
0193-62-1179
営業時間:10:30〜14:30 休日:無 🅿︎︎ 10台(夏期は乗り入れ不可)
料理長:濱田勉
浄土ヶ浜特製ぶっかけ丼 1,080円(税込)
※12月から3月の冬季限定

★調査員の一言
宮古市と黒石市の姉妹都市50周年を迎え、記念料理の一つとして考案。宮古で鮭が獲れるようになったのは、弘法大使が津軽の黒石の川から持ってきた石を宮古の川(津軽石川)に投げ入れたためと。ロマンあふれるぶっかけ丼で想像の世界を広げてください。
安心して三陸の味を楽しめる夜の料理店。「夜-1グルメ」
久慈駅
歴通路(れとろ)通りの名物店、昼も夜も庶民の味方。
毎日手打ちしている蕎麦。昼はラーメン店として地元では不動の人気。夜は豪華な食材がとってもリーズナブルな価格で味わえると、これまた大人気。夜はじっくり、観光客にも安心、美味で大人気。道の駅「やませ土風館」の正面「れとろ通り」の中にある。

 らーめんと手打ちそばの店 あじ屋
岩手県久慈市十八日町2-16-3 
0194-52-2839
営業時間:11:00〜 定休日:無  🅿︎︎ 有(道の駅くじ駐車場)
夜の宴会3,000円メニュー(税込)
《主なメニュー》■オニオンそば 750円 ■きのこそば 900円 
■浜ラーメン 900円 ■磯ラーメン 1,300円


久慈駅
全国のあまちゃんファン憧れの喫茶店・その名物メニュー登場。
台風10号で床上浸水。全国の多くのファンから激励が届き、再び「あまちゃん」出演者たちも応援に駆け付けた北三陸になくてはならない名店。店長が昭和時代に修業した仙台で身に着けたケチャップ味の卵焼きサンド。まさにここだけ、聖地の味。

 喫茶店 モカ
岩手県久慈市本町1-20
0194-52-0677
営業時間:11:00〜20:00 定休日:水曜日  🅿︎︎ 有
たまごサンド400円(税込)
《主なメニュー》■ミックスサンド 450円 ■ナポリタン 600円
■ミートソース 600円 ■ドライカレー 600円


岩泉小本駅
夜も「広島に行く」って、岩泉なのに大人気。
うれいら商店街の人気精肉店。「上あめや特製ホルモン」を使った鉄板焼き。ただのホルモンじゃない、希少部位の「テッポウ」を使ってピリ辛仕上げ。男子力丸出しのメニューと思いきや、女子力満点の女性たちも「冷やしあめスキー」と一緒に盛り上がり。お酒と一緒に注文、1日5食限定です。

 お好み焼 広島屋
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字村木54
0194-22-5680
営業時間:11:30〜13:30(L.O.)18:00〜22:00(L.O.) 定休日:月曜日 🅿︎︎ 6台
ホルモン焼き700円(税込)
※1日5食限定
《主なメニュー》■冷やしあめスキー 600円 ■カキのバター焼き(5食限定)800円
■どんぶりシーフードサラダ 650円 ■カマンベールのかきまぜフォンデュ 650円
田老駅
名物「どんこ唐揚げ丼」・念願の新店、田老「キット、サクラサク野球場」前に開店。
ずっとグリーンピア三陸みやこの仮設店舗で頑張ってきた善助屋食堂。多くの被災者、ボランティア、工事関係者の方々に愛され続けてきた名物メニュー「どんこ唐揚げ丼」。ようやく流失した以前の店の近くに開店。小さな体で頑張ってきた店主の秋子さん。昼も夜も再び「ぜんすけや」の明かりが灯る。

 善助屋食堂
岩手県宮古市田老2-5-1 ☎ 0193-87-2054
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜21:00(L.O.20:00) 定休日:水曜日 🅿︎︎ 20台
どんこ唐揚げ丼(ワカメスープ付き)900円(税込)
《主なメニュー》■お刺身盛り合わせ 650円〜 ■日替わりおまかせ煮魚 300円〜
■どんこの唐揚げ 500円〜 ■ワカメラーメン 830円
宮古駅
いまや夜‐1のレギュラー選手。三陸に誇りを持った「地元盛り」。
神事にも使われる白い布の元、ハマユウ。花の名前から付けた店。寡黙な親方はやさしく、まるで高倉健さんのよう。夫婦で営む毎日だが、二人の楽しみは畑仕事。三陸の、特に地元宮古の食材には愛着と誇りを持って取り扱う。一手間かけた刺身の数々に今宵も堪能。

 和食処 浜ゆう
岩手県宮古市大通1-4-23 ☎ 0193-62-8264
営業時間:17:30〜22:00 定休日:日曜日・祝日 🅿︎︎ 無
その日の地魚の刺身盛り 一人前1,500円〜(税別)
※写真は3〜4人前の一例です。
《主なメニュー》■鱈の白子天婦羅 700円 ■牡蠣フライ 700円
■鱈の白子ポン酢 650円 ■どんこ唐揚げあんかけ 750円
宮古駅
気取らず、気軽に、楽しく、美味しく、居酒屋四原則そのままのお店。
宮古駅前から徒歩10分程度。山小屋という名前からは想像しにくい新鮮な宮古産魚介類メニューが充実している。地元に愛されているのは、格安で美味しい「もつ煮込み鍋」。なんの変哲もないメニューだが、実はすこぶる美味しい。選ぶメニューも豊富。一人でもグループでも気兼ねなく過ごせる。

 山小屋
岩手県宮古市末広町3-3
0193-63-3721
営業時間:18:00〜25:00 休日:月曜日 🅿︎︎ 無
もつ煮込み鍋(1人前) 750円(税別)
《主なメニュー》■穴子の天ぷら 780円 ■若鶏のわらじステーキ 600円
■ミックスホルモン焼き 950円 ■ホットポテトサラダ 380円