旅先でも便利! モバイルサイトもご利用いただけます
JR 釜石線(第11号 2017年 夏号)
三陸の夏 おすすめの食材特集
小佐野駅
あなどるなかれ、創業60年の重み、まさにソウルフード。
絶対釜石を離れないぞと3代続く店を守り再開。釜石市民がずっと愛してきたホルモンは、旨味と辛みが一体となった名品です。コクとキレのある辛くて赤いスープに魅せられて、ほぼ毎日通う常連客もいるほど。

 新来軒
釜石市定内町3-16-14
0193-55-6077
営業時間:11:00〜21:00  休日:水曜日  🅿︎︎ 4台
岡本 健吾さん
ホルモン入りラーメン 600円(税込)

★調査員の一言
「ラーメンの具はホルモンだけ?」と、あなどるなかれ! 出汁が深く浸み込んだホルモンと赤いスープを口に運べば、その旨味と辛さで病み付きに。しっかりと処理された生臭さのないホルモンはフワフワの食感も見事。ホルモンとラ イスのセットもオススメです。
小佐野駅
えー!! ほんとう?! 生ウニ丼がついてこの価格。
三陸の夏はウニ漁が主役。まさにウニの夏。ザルラーメン、野菜サラダ、小鉢に鮮度バツグンの生ウニミニ丼がついたセット。ザルラーメンをはぶいた生ウニミニ丼セット(1,300円)も有ります。

 レストラン まきば
釜石市新町9-11
0193-23-7887
営業時間:9:00~18:00  休日:土曜日  🅿︎︎ なし
尾形 真得さん
生うに丼とザルラーメンセット(野菜サラダ、小鉢付) 1,500円(税込)

★調査員の一言
「生うに丼がこの価格だなんて、輸入物なのでは?」と。誠 に失礼ながら疑いつつ注文。一口食べ、心の中で即土下座。 釜石産の獲れたての生ウニの、蕩けるような口当たりと独 特の甘み、そして磯の香りに、申し訳ないほど大満足です。
小佐野駅
役所の食堂って、実はびっくりの穴場。しかも安いだけじゃない。
「合同庁舎って、なんだか雰囲気が堅そう。」そんなイメージを払拭する、明るく優しさ全開の食堂のおかあさんたちが作るランチは、味、ボリューム、価格の3 拍子が揃ったありがたい食堂です。もちろん、職員だ けでなく一般の方もご利用できますよ~!

 合同庁舎食堂 さんしょう
釜石市新町6-50
0193-25-2701
営業時間:11:30〜13:30  休日:土・日曜日  🅿︎︎ 70台(身体障害者用1台)
藤原 愛子さん
日替わり定食 500円(税込)

★調査員の一言
出張の時以外毎日利用しています。日替わり定食はほぼワン コインで、ご飯、味噌汁、お漬物に小鉢とメインディッシュが 付く豪華さ。人気メニューだと10分足らずで完売してしまい ます。さらに、外食栄養成分表示登録店舗という栄養面でも 頼もしい食堂です。ラーメンが330円って、安すぎませんか?!
遠野駅
遠野名産馬肉バーガー。えー!! セットで500円?!
馬肉で有名な遠野の特色がたっぷりと醸し出されている。名品と言えるバーガーです。甘辛く味付けされた柔らかい馬肉は臭みなど一切なく、噛めば噛むほど旨みが溢れてきます。ポテトと飲み物まで付いてワンコインなのがまた嬉しい!

 食堂喫茶 Cocokana
遠野市中央通り2-1
0198-62-4384
営業時間:10:30〜22:00  休日:木曜日  🅿︎︎ なし ※近くに市民駐車場(有料)
多田 佳奈恵さん
桜バーガーセット 500円(税込)

★調査員の一言
この内容と価格から、以前よりマスコミの注目を集めていたお店です。お手頃かつ地域の特色が凝縮されたメニューの数々は、国内外から訪れる観光客にも大人気。どぶろく特区・遠野市ならではの、どぶろくソフト(350円)もオススメです。
釜石駅
とにかくお米が美味い! 全国各地の厳選米を日替わりで。
具沢山の豚汁に卵焼きとお漬物がセット。おにぎりやご飯を一緒に選ぶシステム。お米屋さんの直営店で、その場で作りたてのおにぎりが味わえる。安くて美味しい、まさに普段着のご馳走がぎっしり詰まった肩の凝らないおこめカフェ。

 おこめカフェ 灯(あかり)
釜石市大町1-4-2
0193-27-8780
営業時間:11:00 ~14:30  休日:土・日・祝日  🅿︎︎ なし
佐々木 香里さん
豚汁セット 350円(税込) +おにぎり 103円〜(税込)や、ご飯 200円(税込)を選ぶ。
※おにぎりは種類豊富。味噌焼き 140円、牛しぐれ 150円、玄米おにぎりの肉味噌 160円、にんにく味噌 160円(全て税込)

★調査員の一言
お米ってこんなに美味しい、と行くたびに感動してしまいます。ワンコインあれば十分に満足できます。おにぎりの種類も多く、毎日通っても飽きが来ません。圧力鍋で炊いた玄米おにぎりは、身崩れしない傑作で、調査員の一押しです。
安心して三陸の味を楽しめる夜の料理店。「夜-1グルメ」
釜石駅
座っているだけで楽しい気分に、都会感溢れるお洒落な釜石の人気店。
赤と木材基調の都会的で洒落た店内には、ダーツやアコースティックギター、素敵な絵画などが飾られており、居るだけで大人の雰囲気を味わえます。いつも多くのお客さんで賑わっており、もちろん料理やお酒も絶品。彩り豊かな「鶏肉のコンフィ」は、口の中でとろけてしまうほどの柔らかさです。

 OTTO
釜石市大町1-7-3
090-7791-1477
営業時間:18:00〜23:00  休日:月曜日  🅿︎︎ なし ※近くに市営駐車場(有料)
鶏肉のコンフィ 1,200円(税込)
《主なメニュー》■ごろごろ鶏肉とアボカドのソテー 800円
■チーズの盛り合わせ 1,500円 ■デブの気まぐれパスタ 1,000円
釜石駅
店主曰く、「オススメは全部」。沿岸食材のほか県内食材も豊富。
釜石産のホヤを使用。塩辛でありながら 生の良さを残した逸品で、ついついお酒が進んでしまいます。浜のものばかりでなく、花巻、遠野など内陸の美味しい県産食材を用いたメニューも多く、小奇麗かつこぢんまりとした店内は常にアットホーム感でいっぱいです。

 うまいもん処 よしよし
釜石市大町1-3-9(釜石漁火酒場かまりば内)
0193-38-0466
営業時間:17:30〜24:00 L.O.23:00  休日:日曜日  🅿︎︎ なし(近くにコインパーキング)
ほやの塩辛 420円(税別) 
《主なメニュー》
■白金豚のグリル 980円 ■遠野のアスパラとベーコンソテー 690円
■美味しいナポリタン 850円
釜石駅
良いものを仕入れてこそ「いなかっぺ」と言われるゆえん、ここにあり。
ササミウメ、アスパラの豚肉巻きなどオリジナルも多くそろえ、一本一本串刺しして仕込む。焼く炭は、遠野市の山里の炭焼き小屋まで足を運んで調達するこだわりようだ。「通ってくれるお客様のために手を抜かない」と熱く語る大将。苦労人でありながら実に明るい人柄がまたファンを増やしている。

 居酒屋いなかっぺ
釜石市中妻町1-16-11
0193-27-2829
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30)  休日:日曜日・祝日  🅿︎︎ 6台
こだわりの炭で焼く焼き鳥(盛り合わせは予算に応じて)
《主なメニュー》■ネギマ 150円 ■皮 100円  ■うどん揚げ 400円