9月25日のラグビーワールドカップ2019日本大会に伴う臨時列車について

2019年9月25日(水)に釜石鵜住居復興スタジアムで開催される、ラグビーワールドカップ2019日本大会に合わせて、三陸鉄道では臨時列車を運転します。 臨時列車はお客様の利便性を高めるため、花巻―釜石―大槌間で三陸鉄道とJR釜石線直通列車を上り1本、下り1本運転します。 さらに、三陸鉄道リアス線内では、釜石―大槌間で上り4本、下り4本、釜石―宮古間で下り1本、盛―釜石間で上り1本の臨時列車を運転します。 このほか試合前後の定期列車は2両から3両編成での運転といたします。 なお、混雑で乗車できない場合は、他の交通機関(バス等)をご利用いただくようお願い申し上げます。

9月25日の時刻表についてはこちらをご覧ください。

 ●三陸鉄道リアス線(宮古~釜石)時刻表はコチラから。

 ●三陸鉄道リアス線(釜石~盛)はコチラから。