新田老駅開業にともなう乗車券等の営業についてのお知らせ

2020年5月18日(月)に新田老駅が三陸鉄道リアス線41番目の駅として開業します。この新田老駅に関する乗車券、運賃等についてご案内いたします。

新田老駅の概要

 位 置 :リアス線田老―摂待間( 盛起点105.2km 田老から0.5km 摂待から8.3km) 

 住 所 :岩手県宮古市田老字館が森155-7

 営業形態:無人駅  

 ホーム :1面1線で築堤上にあり宮古市役所田老総合事務所に直結、 同事務所の3階の位置にありエレベーター設置でバリアフリー対応

乗車券の取扱い

 田老駅等他の駅からの定期乗車券、回数乗車券をお持ちの方で新田老駅に変更をご希望のお客様は2020年5月15日から変更の手続きをいたしますので三陸鉄道の乗車券販売窓口のある駅にお申し出ください。

 定期乗車券または回数乗車券の場合は運賃が同額(例:宮古―田老と宮古―新田老は同額)でも券面の駅名が異なり乗越しの形になると別途運賃をいただくことになるので事前に手続きをお願いいたします。

運賃について

 おもな区間の運賃はこちらになります。

   お問い合わせ

     三陸鉄道旅客営業部  ℡0193-62-7000