新型コロナウイルス感染症対策の強化について

 三陸鉄道では新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、お客様に安心してご利用いただけるよう、これまでの対策に加えて、新たに次の対策を講じました。

・車内の座席、壁、手すり、クーラー内部等に薬剤を使用して抗菌加工処理を実施 しました。(人体には影響のない薬剤を使用しています。)

・お客様と乗務員の間の飛沫防止ガードをアクリル製に変更しました。

・盛、釜石、宮古、久慈の各駅には顔認証型AIサーマルカメラを設置しました。

 これまでの手洗い、手指消毒、マスク着用の徹底及び車内換気の実施については、今後も継続いたします。

 ご利用のお客様におかれましても、待合室や車内ではマスクを着用し、咳エチケットや手指消毒など感染症予防対策にご協力をお願いいたします。

 なお、列車内や駅(盛、釜石、宮古、久慈及び委託9駅)、さんてつやには消毒液を設置していますので、どうぞご利用ください。

作業の様子などはこちらから