白井海岸駅 ◀ 普代駅 ▶ 田野畑駅

普代駅(ふだい)

●愛称:はまゆり咲く

三陸鉄道開業前は国鉄久慈線(1975年開業)の終着駅でした。駅舎は国鉄時代からのもので観光センターとなっていて乗車券の販売を行っています。国鉄のころは国鉄バスが鉄道とバス乗車券の販売をしていましたが、1984年の三陸鉄道移管後に普代村が運営を受託して三陸鉄道の乗車券販売と小規模な売店の営業を行い、2017年から株式会社青の国が業務を引き継ぎ、売店は「ふだいのアンテナショップあいで」として拡充され地元のお土産品を取り揃えています。駅内にあった「おでん屋さん」は雑誌やテレビにも登場しましたが残念ながら2019年に閉店しました。
また、素朴な素顔が残る普代村は、北京・マドリード・フィラディルフィアなどの世界の文化の中心都市と同じ北緯40度に位置する小さな村です。周辺には北部陸中海岸有数の景勝地ともいえる”黒崎”をはじめ、北緯40度のシンボル塔などがあります。

◎駅情報:委託駅 
窓口営業時間:
 平日 6:30~17:30
 土休日 8:00~17:00
 TEL:0194-35-2411
駅構内:道の駅青の国ふだい、観光案内所
トイレ:有
駐車場:有(無料)
車椅子利用:駅員数名で車椅子を持ち上げて階段を移動します。駅員の手配が必要となりますので、事前に連絡をいただけるとスムーズです。
その他:
・駅隣にふだいのアンテナショップ、ベーカリー&カフェ
・鵜鳥神社までバス13分
・黒崎展望台バス15分