小さな夏の風物詩


皆さんこんにちは!レンです!(^^)!

 

先月までは寧ろ「寒い」くらいの涼しさだったのですが…

 

今月に入ってから一変!

 

釜石の気温が全国ニュースで報道される程、

連日真夏日(時々猛暑日)が続くように…Σ(・ω・ノ)ノ!

(それでもマスクは外せないので尚の事暑いです…(-_-;))

 

さて、今回はそんな環境の中でも逞しく(?)生きる夏の風物詩について

お話ししたいと思います!

 

事の始まりは、遡ること2ヶ月程前の6月中旬―

 

スマイルとうほくプロジェクトの一環で、

ミニヒマワリの種やプランター、土が送られた事でした。

その後、10数年ぶりの土いじりを懐かしみつつ

種蒔きをしました。

 

種を植えてから約10日後―

苗が出てきていました!!(*^^*)

 

このまま順調に育つ…

 

…かと思いきや。

 

その後全く進展がなくなってしまったのです…(´・ω・`)

 

 

「頑張れ~ (´;ω;`)ウッ…」

と見守る日々が続きました…

何故かレンが感極まっていますが

 

 

その思いが通じたのか、つい先日…

1輪咲いているのを見付けたのです!!(*´▽`*)

見て下さい、この開きぶりを。

感動ものです(´;ω;`)ウッ…

再び感極まってますが

 

 

釜石駅にもようやく夏が訪れました(遅)

 

今後もこのミニヒマワリの成長を見守っていきたいと思います。

風物詩の紹介というより、もはや成長録では…

 

 

以上、レンがお届けしました!(*‘∀‘)

小さな夏の風物詩」への2件のフィードバック

  1. 283さん

    レンさんこんにちは。遅くなっても咲いて良かったですね!まだ残りもありそうなので、自分が行く頃には咲いてるかな??咲いたひまわりも自分が行くまでがんばって欲しいもんです。

    返信
  2. レン

    283さん

    コメントありがとうございます!(^^)
    なかなか暑い日が続いているので、なんとか踏ん張ってもらいたいですね!
    お待ちしております(*^^*)

    返信

283さん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です