旅先でも便利! モバイルサイトもご利用いただけます
JR東北本線(第12号 2017年 冬号)
冬の三陸は食材の宝庫「満足ランチ特集」
盛岡駅
隠れ家にしたいし、みんなに教えたいし、盛岡駅前で見つけたとっても素敵な漁師直営のお店。
開運橋付近を歩いていたら、なにやらスタイリッシュなお店が目に入りました。しかも店名は「吉浜食堂」。えっ、食堂なのと興味津々で飛び込んでしまいました。店主は現役の浜漁師。宝石箱のような海鮮丼。目移りしながら口に運ぶと美味しいという浜風が吹いてきました(笑)。夜も居酒屋として浜直送の魚介類メニューとこだわりのお酒を楽しめます。

海鮮丼(汁物、小鉢付) 1,380円(税込)
② 自家製オーガニックレモネードソーダ 640円(税込)
松川 寛幸さん
 吉浜食堂(きっぴんしょくどう)
岩手県盛岡市開運橋通5-6 第五菱和ビル1階
019-613-9715
営業時間:昼11:30~14:00 夜17:30~22:00(金・土 ~23:00)日曜はランチ営業のみ
休日:月曜日  🅿︎︎ 4台
アクセス:盛岡駅から徒歩7分
座席:カウンター10席、テーブル20席
盛岡駅
盛岡のNanakで発見、三陸と県産食材のコラボパスタ&ピッツァ。
バス時間が少しあったのでNanakを覗いたら、お店の前に大沢漁港をバックにご夫婦が写っている写真がありました。「これは入らねば」、と取材魂が揺さぶられました。メニューを見ると岩手食材の数々、県産小麦の代表「ゆきちから」を使ったパスタ類が並んでいます。早速山田産牡蠣のパスタを注文。この相性の良さに大感動でした。岩手県の食の豊かさに改めて感激した取材でした。

山田町大沢漁港のたっぷり牡蠣ペペロンチーノ 1,380円(税別)
② 三陸仕立てのシチリア―ナピッツァ 1,000円(税別)
 なな織
岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目6-8 Nanak2階
019-625-3453
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:00)
休日:なし  🅿︎︎ 有(Nanak 駐車場)
座席:42席
三陸の美味しくて安心な「夜-1グルメ」
盛岡駅
とにかく人が集まる「盛岡で三陸を楽しめる」トップクラスの人気店。
盛岡市八幡通りになぜか毎夜人が集まる大人気のお店が「里伊」です。店内は老若男女、いろいろな人でいっぱい。女性が一人で行っても違和感なく安心できるお店です。三陸鉄道のファンでもあり応援者の伊勢店長は釜石出身。毎日沿岸から直送される魚介類は、“朝どれ”だから新鮮そのもの!短角牛や彩り鮮やかな旬の野菜サラダなど多彩なメニューがずらり。忘年会、新年会もおどろきの予算で大満足、間違いないですよ!。

三陸牡蠣フライ(宮古産復興1年牡蠣) 900円(税込)
《主なメニュー》■三陸サワラ炙り刺 800円 ■名物だし巻きたまご(3人前程度)800円
伊勢 央さん
 居酒家 里伊
岩手県盛岡市南大通1-10-17
019-656-6167
営業時間:17:00〜24:00(火〜土) 15:00〜21:00(日) 12:00〜14:00(木・金)
休日:月曜日・第1・3日曜日
🅿︎︎ 無し  座席:72席(カウンター8席・テーブル24席・座敷40名迄)
盛岡駅
洋野町の名店「喜利屋」ゆかりの「きりや」。まさに三陸の味。
天然ホヤ、ウニと言えばあまりにも有名な種市。そこから直送される北三陸の食材。数々のメニューが内陸の盛岡で食べられます。天然ホヤ(4月~11月頃)の違いがはっきりとわかり、食べるほどに感動でした。そこにセレクトされた県内酒蔵の日本酒が並び、どの料理と組み合わせたらなどと時間も忘れて楽しみました。心地よい酔いで、種市の素敵な海が目の前に広がってくるようでした。※冬は旨みがぎゅっとつまった「海鮮寄せ鍋」もオススメです!(要予約)

お刺身7点盛り 3,024円(税込)
《主なメニュー》■塩うににぎり 972円 ■種市産天然わかめ酢 432円
店長:村上 麻美さん
 三陸居酒屋 きりや菜園本店
岩手県盛岡市菜園1-5-25 リデル盛岡102
019-601-5290
営業時間:18:00〜24:00(L.O.)22:30
休日:日曜日・祝日
🅿︎︎ 無し  座席:カウンター6席・座敷15席